交わる、つながる、広がる

滞在可能な芸術活動と青少年体験活動ができる港

HomeArtist in residence

Artist in Residence

アーティスト・イン・レジデンスとは、各種の創作活動を行う芸術家等が、招聘などにより一定期間ある土地に滞在し、
様々な交流を通して作品制作やそれに伴うリサーチ活動などを行うプログラムです。
ゆいぽーとでは、公募によって選出された芸術家等 を招聘し、長期滞在を支援する「招聘プログラム」と、
新進の芸術家等の短期滞在活動を支援する「自主活動プログラム」の2つのプログラムを行います。

 

2022年12月13日 2022年1月~2月「自主活動プログラム2022冬季」の情報を公開しました。

自主活動プログラム2022冬季

高久柊馬 Shuma TAKAKU



現代アート/神奈川県出身・在住
滞在期間|2022年1月7日(金)~1月30日(日)
 

<プロフィール>
1999年神奈川県横浜市生まれ。アーティスト・イン・レジデンス(AIR)を通して、風景や人との出会いからインスピレーションを受けながら作品を制作。自分の住んでいる街が少しでも豊かに感じられるような、楽しくなる作品を作りたいと考えている。
芸術祭で制作スタッフを経験したことからAIRに興味を持ち、2021年から様々なAIRプログラムに参加。主な活動歴として、Bankart1929 SUMMER(2021年6月/横浜)、黄金町アーティスト・イン・レジデンス(2021年9月/横浜)など。2022年に横浜市民ギャラリーにて個展を開催予定。

<滞在制作プランについて>
雪が降れば雪かきを一緒になってやらせてもらい自分の住んできた地域との生活様式の違いを楽しみながら新潟市に住む人たちの生活を少しでも感じ取りながら制作の日々を送りたいと思っております。
自分自身が感じた情景を作品という形に作り直すことで僕が感じていることを共有できると考えております。今回、新潟市で生活することで気づく情景を元に作品を制作するので、新潟市に縁ある方々と作品を通し新潟について会話できたらいいなと思っております。

LINE@ID:iiq2166d
友だち追加


ページ先頭