交わる、つながる、広がる

滞在可能な芸術活動と青少年体験活動ができる港

HomeArtist in residence

Artist in Residence

アーティスト・イン・レジデンスとは、各種の創作活動を行う芸術家等が、招聘などにより一定期間ある土地に滞在し、
様々な交流を通して作品制作やそれに伴うリサーチ活動などを行うプログラムです。
ゆいぽーとでは、公募によって選出された芸術家等 を招聘し、長期滞在を支援する「招聘プログラム」と、
新進の芸術家等の短期滞在活動を支援する「自主活動プログラム」の2つのプログラムを行います。

 

2020年12月17日 2021年1月~2月のAIR「自主活動プログラム2021冬季」の情報を公開しました。

自主活動プログラム2021冬季

末松 由華利 Yukari SUEMATSU



絵画・インスタレーション/埼玉在住・東京拠点
WEBSITE
滞在期間:2021年1月9日(土)~2月7日(日)
 

埼玉生まれ、2010年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。個人や社会が内包する両極性をテーマに絵画を制作する。
近年の個展に、2020年「満ち欠けのあらまし」(KURUM’ART contemporary/東京)、2019年「Project N 76」(東京オペラシティアートギャラリー)など。2014年新潟商工会議所特別賞(2014NIIGATAオフィス・アート・ストリート)受賞、2019年第33回ホルベイン・スカラシップ奨学生。

個展
2020満ち欠けのあらまし/KURUM’ART contemporary(東京)
2019project N 76 末松由華利/東京オペラシティアートギャラリー(東京)
2018 永遠に損なわれたもの/KURUM’ART contemporary(東京)
2017 輪の中で考えたこと/長野市芸術館(長野)
受賞
2019 第33回ホルベイン・スカラシップ奨学生/ホルベイン画材株式会社
2017 島敦彦(金沢21世紀美術館館長)審査員賞/シェル美術賞2017
2014 新潟商工会議所特別賞/2014 NIIGATAオフィス・アート・ストリート

 

 

雨宮 由夏 Yuka AMEMIYA



ビジュアル・アート/東京
WEBSITE
滞在期間:2021年1月20日(水)~2月15日(月)
 

1984年東京都生まれ、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業。その場に積み重なる記憶、景色、関わりを身体を通してほぐしドローイング、インスタレーションとして制作している。その場にずっとある景色、そこで生まれた事柄、関わる事で生まれる新しい関係、今ここにあるもの、口伝えであるものなどを並列に、場と人の関わりの柔らかな波紋のような広がりを探求している。

LINE@ID:iiq2166d
友だち追加


ページ先頭