交わる、つながる、広がる

滞在可能な芸術活動と青少年体験活動ができる港

Homeイベントワークショップ「親子で描こう―滞在アーティストとテーマや画材を共有して―」

ワークショップ

ワークショップ「親子で描こう―滞在アーティストとテーマや画材を共有して―」

メイン写真:ワークショップ「親子で描こう―滞在アーティストとテーマや画材を共有して―」
開催日
2021-02-06(土)
時 間
13:30~16:00
場 所
1F 工房・ギャラリー2
対 象
3歳~小学6年生とその保護者
定 員
16人(※応募多数の場合、抽選となります)
参加費
100円/人(保険代)
募集期間
2021年1月8日(金)~2021年1月29日(金)
ゆいぽーと滞在アーティスト 末松由華利さんと同じ表現技法を用いて絵を描きましょう。末松さんが普段使っているアクリル絵の具を使って、作品のテーマを共有しながら抽象画を描きます。

≪アーティストプロフィール≫
末松由華利(すえまつ・ゆかり)
埼玉生まれ、2010年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。個人や社会が内包する両極性をテーマに絵画を制作する。
近年の個展に、2020年「満ち欠けのあらまし」(KURUM’ART contemporary/東京)、2019年「Project N 76」(東京オペラシティアートギャラリー)など。2014年新潟商工会議所特別賞(2014NIIGATAオフィス・アート・ストリート)受賞、2019年第33回ホルベイン・スカラシップ奨学生。
ワークショップ
======================
親子で描こう
―滞在アーティストとテーマや画材を共有して―
======================
日 程|2021年2月6日(土) 13:30~16:00
場 所|工房・ギャラリー2
対 象|3歳~小学6年生とその保護者
定 員|20人(※応募多数の場合、抽選となります)
講 師|末松由華利(ゆいぽーとAIR自主活動プログラム2021冬滞在アーティスト)
参加費|100円/人(保険代)
持ち物|汚れてもいい服装、手拭きタオル
申込期間|2021年1月8日(金)~1月29日(金)

≪申込方法≫
参加ご希望の方は、ゆいぽーとへお電話(025-201-7530)、または以下の[このイベントに申し込む]ボタンより必要事項をご記入の上、お申込ください。申込期間終了後、応募多数の場合は抽選ののちお電話にてご連絡いたします。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参加の際には以下のご協力をお願いします。
・実施前に手洗い・手指の消毒をお願いします。
・マスクの着用をお願いします。
・名前・連絡先のご記入をお願いします。
・発熱等、体調の優れない方はご遠慮ください。

※本イベントは、ゆいぽーとアーティスト・イン・レジデンス「自主活動プログラム202冬季」滞在アーティストの末松由華利さんによる市民交流事業です。
※今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、実施内容の変更や規模の縮小、中止となる可能性があります。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
LINE@ID:iiq2166d
友だち追加


ページ先頭