交わる、つながる、広がる

滞在可能な芸術活動と青少年体験活動ができる港

Homeイベント協働制作「町あかりを灯す」|AIRアーティスト高久柊馬

アーティスト・イン・レジデンス

協働制作「町あかりを灯す」|AIRアーティスト高久柊馬

メイン写真:協働制作「町あかりを灯す」|AIRアーティスト高久柊馬
開催日
2022-01-17(月)〜2022-01-28(金)
時 間
10:00~12:00/14:00~18:00(時間内出入り自由)
場 所
工房・ギャラリー
対 象
どなたでも
定 員
常時3名程度
参加費
無料(申込不要)
ゆいぽーと滞在アーティストの高久柊馬さんの作品「町あかりを灯す」を一緒に作りましょう。木材を組み合わせて四角いフレームを作ったり、マスキングテープで海の生き物を作ったりします。

=============
協働制作「町あかりを灯す」
=============
日程|2022年1月17日(月)~28日(金)
時間|10:00~12:00/14:00~18:00(時間内出入り自由)
場所|工房・ギャラリー1
対象|どなたでも
定員|常時3名程度
参加費|無料
持ち物|汚れても良い服装

ご参加希望の方は、ご来館いただき「来館記録」をご記入後、1階 工房・ギャラリーへお越しください。
<アーティスト紹介>
高久柊馬 Shuma TAKAKU
(現代アート/神奈川県出身・在住)
1999年神奈川県横浜市生まれ。アーティスト・イン・レジデンス(AIR)を通して、風景や人との出会いからインスピレーションを受けながら作品を制作。自分の住んでいる街が少しでも豊かに感じられるような、楽しくなる作品を作りたいと考えている。
芸術祭で制作スタッフを経験したことからAIRに興味を持ち、2021年から様々なAIRプログラムに参加。主な活動歴として、Bankart1929 SUMMER(2021年6月/横浜)、黄金町アーティスト・イン・レジデンス(2021年9月/横浜)など。2022年に横浜市民ギャラリーにて個展を開催予定。
写真2:協働制作「町あかりを灯す」|AIRアーティスト高久柊馬
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来館の際には以下事項のご協力をお願いします。
・手洗い、手指の消毒をお願いします。
・マスクの着用をお願いします。
・来館記録(お名前、ご連絡先等)のご記入をお願いします。
・発熱等、体調の優れない方はご遠慮ください。
新型コロナウイルス感染症感染拡大の状況によっては、実施内容の変更や規模の縮小、中止の可能性があります。ご了承ください。
LINE@ID:iiq2166d
友だち追加


ページ先頭